この記事は……。

  • ヘアパーフェクターウィズ ケラナットTMの購入を考えている
  • 髪に自信がない
  • 髪を内側からケアしたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

ヘアパーフェクターウィズケラナットTMの特徴

100%植物由来!飲む美容サプリメントが「ヘアパーフェクターウィズ ケラナットTM」です。
古来より有効成分が注目されてきた【キビ】に着目し、
その成分を『髪に生かせるように改良したサプリメント』になっています。
飲むことで髪にハリやコシ、ボリュームをもたらしてくれます。

 

【メリット紹介】ヘアパーフェクターウィズケラナットTM

ケラナットは、ハリ・コシ・ボリュームを改善する!

キビは古来から世界でも有名な育毛成分として話題になっています。
具体的にいうと『ミリアシン』『リポウィート』という成分が
女性の毛髪サイクルを促してハリのある髪をサポートし、髪を育て強く生えて来ます。
これを体内に取り込むことで美しく、ハリやコシのある髪へと導きます。

 

無添加・植物由来のサプリメント

貴重な植物由来の成分を贅沢に配合し、 無添加・天然成分に拘り抜いています。

 

カプセルも希少な植物由来

一般的なサプリメントではカプセル(膜)が動物由来のものを使用していることが多いのですが、
ケラナットTMはカプセルまで植物由来とこだわっています。
そのおかげで余計なアレルギーの心配もありません。

 

老舗天然香料会社が開発

300年以上もの間フランスで美容の有効成分を研究開発している老舗天然香料会社が開発!
特許も取得済み

 

国内GMP認定工場で製造

徹底した品質管理の元で製造しており※GMPを認定しています。
( Good Manufacturing Practice の略。「適正製造規範」のことを言います。GMPが認定された工場は原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」ができているとされます)

 

【安く買える!】ヘアパーフェクターウィズケラナットTM購入方法

現在お得なキャンペーン価格となっています!
こちらをクリックすると公式サイトにジャンプします↓↓

 

もう髪に悩まない

髪のボリュームがないと老けてみえてしまったり、
頭皮が見えてしまい女性としては好ましくない恰好ですよね。
またコシやハリがないと余計に「ヨボヨボなおばあちゃん」に見えてしまいます。

 

そういった見た目にならないようにするには身体の内側から髪に良い成分を定期的に取り込む必要があります。

 

ヘアパーフェクターウィズケラナットTMは髪にトータルアプローチし、
強くハリとボリュームを生み出す髪にしてくれます。
今なら特別なキャンペーンも実施中なのでお得な機会を逃さないうちに、
美しい髪を手に入れてください!

 


 

髪の毛の痛む原因

毛髪が痛む根本的な原因として、まずあげられるのが、シャンプーを使用してる時に雑に洗ってしまうことがあります。毛髪の表面にある外部から

 

の刺激から保護いるのがキューティクル部分になるのですが、これにより毛髪に艶やかな光沢が与えられるのです。この表面の膜は摩擦に弱く雑に

 

シャンプーで洗うことによって表面のコーティングが剥がれ落ち、つやがなくなり持ちに付いても良くはありません。乱暴にブラッシングするし、

 

ウェット状態の髪にブローをしてしまうのも、ブラッシングを無理やり過ぎにしてしまうことも、コーティングをはがれる事になって髪にはとても

 

よくはなく、保湿を含んでいる毛髪は、表面のキューティクルコーティングがはがれやすく傷付きやすいため、洗髪後にバスタオルでガシガシとふ

 

いたりもせずにドライヤーで仕上げるのは非常に危険です。

 

そして毛髪を冷暖房の元にさらしすぎるのも、コーティングキューティクルをガードするという点では気をつけないといけません。ウェット状態でも、UVに直接当たってはだめです。毛髪から髪の養分がなくなるのを予防するためには、パーマネントやヘアカラーを頻繁に施術しない方がいいと思います。

 

このような外部の負担によって傷付いてしまった毛髪を再生させるためには、内部補修成分または、コーティング補修するトリートメントが入っているシャンプー剤やトリートメントを使用し毛髪をケアしないとダメです。あとは毎月あるいは2カ月に一度定期的に美容室に行き、美容師によって、補修トリートメントを施術してもらいましょう。トリートメントについての方法は、まずはじめにしっかりとシャンプーし洗浄することから始まり、頭皮をしっかり洗ったら、約1分間はすすいできちんと流しましょう。

 

のちに、補修トリートメント剤を手のひらに広げ、トリートメント剤を根本には付けず毛先から中間まで塗布していきます。トリートメント剤が髪にしっかりとなじむよう、そのまま放置しておきます。その後は摩擦にならないようにしてすすぎます。何故根本に付けないのかと言うと、
毛穴をふさぎ、頭皮に細菌が繁殖したり、炎症の原因になったりしてしまいます。また、きれいに洗浄した頭に油分を付けてしまうことで、
洗った意味がなくなってしまうからです。

 

特に髪の損傷がひどいときの方法もございますが、まずトリートメント剤を毛髪を付けたなら、シャワーキャップをかぷって10分くらい放置しておきます。
毛髪があったまることでタンパク質の内部がゆるみ、トリートメント剤がより深い内部に浸透していきます。

 

週に2回ほどしてもらうと、補修効果を感じるようになるでしょう。
これらの方法でも髪が再生しないのであれば、痛みの出てる毛先は切ってしまいましょう。
再度伸びた毛髪をトリートメントでケアをしていきましょう。
ご自身の毛髪が損傷しているかどうか見分けるには、以下の3つの方法で判断するといいでしょう。

 

自分の毛髪を目視し、傷んだ毛髪というのは、目で見てもすぐにわかるものですので、枝毛が目立つ場合は、見るからに毛髪が傷んでいます。
枝毛は一度できると再度治ることはありません。
たとえ補修トリートメントをしても無意味なことで、再生させる方法はカットすることだけなのです。
もうひとつ、損傷した毛髪の判断方法ですが、自分の毛髪の端と端を引っ張ってみて下さい。

 

特に痛んでいると毛髪は切れやすくなっているはずです。
強めなハードなストレートパーマやツイストパーマなどをしょっちゅうかけていると、毛髪は簡単にぷつんと切れやすくなっているはずです。
健康な毛髪に対しては、指が滑りなかなか切れることはありません。

 

最後に痛んだ毛髪の判断方法は指でしごいてみることです。
毛髪の根元の方からゆっくりとすべらすようにして、引っ張りながらしごいていき、すべりが止まったり手触りが悪くなったら、それは毛髪のコーティングキューティクルが損傷しているということなのであります。
このような毛髪の損傷があるかどうかを判断できる方法で、どれかひっかかるポイントが判明したなら、ますば、内部補修トリートメントで髪の再生をしてみるようにしましょう。
それでも毛髪の損傷具合が直らないようであれば、美容室に行って高いトリートメントをしてもらった方が効率が良いでしょう。

 

髪に大事なこと⇒ 代謝力を上げる

 

@乱れたヘアサイクル改善へ。髪の為にやった"代謝力"を上げること

 

私自身、40歳を過ぎた年齢的なところで 「髪の退化」を少なくとも感じています。特に感じるのは、血行が悪くなって起こるヘアサイクル(毛周期)の乱れです。

 

しかし、その悪いヘアサイクルを正すと、抜けない強い髪に変わることが分かりました。そんな私がもっとも大事にしているのは「代謝力」を上げることなのです。

 

・普段の生活から基礎代謝を上げてました

 

「ヘアサイクル」という言葉を、いちどは聞いたことがあると思います。髪の毛が成長して抜けていく"毛周期"ともいいますが、20歳をピークにヘアサイクルはだんだん遅くなってくるのです。

 

私自身、過去のヘアサイクルをみると「成長期が短い」状態でしたが、髪の毛が弱くて抜けるというのも、この成長期が短くなっていたことが原因のひとつだったといえます。

 

そんな乱れたヘアサイクルを、正常な状態に戻すためにやったこと。それは「代謝力を上げる生活習慣」です。主には、体を温めて体温を低くしないことを心がけてましたが、体を冷やさない為の行動はいつも意識しておこなうようにしていました。

 

体温が下がると代謝が悪くなりますが、そうなると血液の循環がうまくいかず、頭皮に栄養が届きにくくなるのです。それを避ける為に、普段の生活で体温を上げる行動を徹底しておこないました。

 

まず、これをやることで基礎代謝が上がります。そうなると血行がとても良くなって、髪を育てる栄養も運ばれるので「成長期が短いヘアサイクル」も明らかに改善されてくるわけですね。

 

・育毛剤を使っても毛髪に効くほどの代謝アップは見込めない

 

また、新陳代謝が進まないと髪の毛を作る毛母細胞や毛乳頭の働きも鈍くなってしまいます。だから、育毛剤の代謝サポート成分(例えばクロレラエキス)が効く!など、メーカーがよく謳っているのですが、はっきりいうと育毛剤のみの使用では代謝は良くなりません。

 

良くなるとすればターンオーバー(頭皮の代謝サイクル)で、頭皮の表面が整う程度です。本気で強い毛髪をつくるなら、頭皮だけでなく、もっと根っこの部分で「代謝力」を上げる必要があるのです。

 

抜け毛や薄毛、ハゲなど髪に悩む人は「代謝力を上げること」を意識して生活されてみてほしいです。まずは冷えないことを考えてみてください。次項では、私がやっている「代謝力を上げる方法」を解説してみようと思います。

 

 

A抜けない強い髪が増えた。そんな私の「代謝力」を上げる方法

 

私は、2013年〜2016年の約3年間、数々の育毛剤・育毛シャンプーの効果等を検証し、自身の育毛ブログで情報を公開してきました。市販の育毛剤は効果がない、そう言われるなか、一部の育毛剤では多少の効果を感じるものもありました。

 

しかしながら、育毛剤というのは所詮、医薬部外品・化粧品なので、医薬品のように強い毛髪が生えたりする効果はまずありません。

 

その事実が分かり悩んだ私は、どうすれば「髪を育てられる体」を作れるかを考え、今日までの3年間、研究と実践を繰り返してきました。髪に悩まなくなった今の私は、その結果であると自負しています。

 

そんな私がどんなことをやってきたのか?それについて書いておこうと思います。

 

・代謝力を上げる方法1.温める食べ物をとる

 

最近では、女性に限らず男性の「冷える」という声をよく聞くようになりました。「内臓型冷え性」とか「隠れ冷え性」などと言われるように、自分ではなかなか自覚できないことが問題だといえます。

 

「内臓型冷え性」とはその名の通り、内臓が冷えている状態を指しますが、内臓温度が1℃低くなるだけで、人間の基礎代謝は約12〜15%低下するといいます。

 

代謝を高める為にも、私は内臓を冷やす食事はほとんど摂りません。内臓の温度を上げて代謝を高める為の食事を中心に摂るようにしています。それは東洋医学でいう「陽性」にあたり、体を温める食べ物になります。

 

例えば、玄米・根菜類・豆類・梅干・発酵食品など。これらすべてが体を温める食べ物ですね。飲み物は酒やビールなどのアルコール類・ジュースなど冷えたものや甘いものはなるだけ避けます。体内を温める番茶やほうじ茶を特によく飲んでいますね。

 

水を飲む時は一般的な軟水ではなく、硬度が高めの水をいつも飲みます。幸い、私が住む地域は活火山(霧島連山)が近いので、硬度が高い霧島の天然水を汲みに出向きます。こういった硬度が高い水(中硬水や硬水)はミネラルが多めなので、代謝アップの飲み物として非常に有効なのです。

 

 

・代謝力を上げる方法2.運動をする

 

慢性的な運動不足、冷やす食べ物、精神的ストレスが原因で「冷え」を感じている人も多いと思います。以前の私もその1人でした。

 

体温が下がると代謝が悪くなるのです。血液の循環がうまくいかず、頭皮に栄養が届きにくくなって抜け毛が多くなる...このパターンは過去に何度も経験してきました。

 

体温が低い人の特徴として「筋肉量の低下」があります。筋肉は代謝エネルギーをもっとも消費するので、体に筋肉をつけることは基礎代謝量を上げることにつながり、体温を上げることにもつながります。

 

私の場合、筋トレを中心に自転車やトレッキング(登山)など有酸素運動も取り入れました。これらは、代謝アップの方法として王道でもあり、実際かなり有効であると感じてます。ずっと悩んでいた低体温もだんだんと改善されました。

 

 


更新履歴